上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ベイブレードを手に入れてから息子と一緒に毎日遊んでおります。

最初に仕入れたベイブレードは2つ。
ストームペガシス105RF 
ペガシス

ダークヴォルフDF145FS
ヴォルフ

初期のベイブレードは単体だったみたいですけど、現在の最新版は
ハイブリットと呼ばれ5層構造になっています。

【フェイス】ウィールとトラックを固定する部品。金属製もあり。
【クリアウィール】 透明なプラスチック製の部品。主に上部への攻撃を担当。
【メタルウィール】 金属製の部品。基本的にメタルウィールを接触させ戦う。
【トラック】 ベイブレードの高さを調整する部品。
【ボトム】 底の部品。基本的にこの部品で動きが変る。
分解解説


ストームペガシス105RFの場合、このような意味があります。
【ストーム】メタルウィールの名称
【ペガシス】クリアウィールの名称
【105】トラックの名称 高さが10.5mmを指す
【RF】ボトムの名称 ラバーフラットの略


部品は他のベイと共有できるので色んな組合せが楽しめます。
うちにある2個で言えばストームヴォルフDF145RFとか作れるのです。
(おっさん連中には理解できないかもしれんw)

まだまだ初心者なので現時点での見解ですが、ベイブレードのコツは・・・
とにかく強いシュートを放つ!です。
要はいかに力強く水平にベイをスタジアムに放つかが肝心なんですね。
ランチャー(ベイブレードを廻す道具ね)を持つ軸手を固定し、
思い切ってワインダー(紐の役割ね)を引っ張るのです。
これが案外難しい。5歳の息子は軸手がブレてしまってOBになる事が多いんです。
また水平にシュートするのも難しいみたいで、ベイが傾いちゃうんですよねぇ

最初に仕入れたランチャーはベイランチャーでした。右利きの場合でいうと
左手にベイランチャ-を持って横に紐を引っ張る形になります。これだと
軸手がブレると場外に出やすくなるんですね。
そこで子供用にライトランチャーを購入しました。
ライトランチャー

これだと左手を前方に出しワインダーを身体方向に引く形でシュートします。
ブレるのは前後なので場外の確立がグーンと下がります。
ただし持ちにくいのが難点。そこで必要なのがランチャーグリップです。
こいつにセットすると格段にシュート能力がアップします。必需品です。
ランチャーグリップ

あとから分かったことですが、ランチャーグリップはランチャーの取付け方向が90度単位で
変更できるのでベイランチャーでも手前に引く形状にできました。
ライトランチャーに比べるとベイランチャーの方が強いシュートが撃てます。
現在はベイランチャー+ランチャーグリップの仕様でやらせています。


ここまで段取りしてあげてもやはり5歳の子供には限界があります。
私が思い切りシュートするとまず勝てません。手を抜いてあげないと勝負にならない。
でもでも・・・心を鬼にして真剣勝負してますw 
鬼も相手にならないので我が家では無敵です。そこで先日息子の友人を招いて
勝負しました。ケン君とイブ君。結果は・・・・楽勝! 相手にならん。
連戦連勝でした。ケン君もイブ君も半べそ。大人の実力って奴を思い知らせてやりました。
(あ・・・ちなみに息子も友だちも5歳です。幼稚園の年中さんね)

近所じゃ無敵のベイブレーダーである拓王こと私の時代は案外すぐに終焉を迎えました。
あまりにも悔しかったのでしょうか、イブ君が小学生のお兄さんを引き連れて
リベンジにやってきたのです。兄貴は小学4年生くらいと思われます。
兄貴は私が特製ダークペガシス105RFを出すのを見た途端ニヤリ。
むむむ!なんか嫌な感じ。手加減してやらねぇ。渾身の力でシュートしてやる!
兄貴のベイは見たことがないタイプ。でも俺ベイの方が強いはずだ!
それ 3・2・1 ゴーシュート!!!!!
カチン! カチン! カチン! 物凄い勢いでぶつかり合っています。
我がダークペガシスは狂ったように兄貴のベイにアタックしています。
しかぁし、兄貴のベイはスタジアムの真ん中でじーっと動かなくなりました。
いや、止まっているわけではありません。じーっと回転しているのです。
私のベイがいくらブツかってもビクともしない。
ボトムがRFな私のベイは持久戦にはめっぽう弱いんです。
結局のところ兄貴を弾き飛ばせないままスリープアウト。私の負けです。
何度やっても勝てませんでした。(10回に1回か2回は勝ったけど)

やっぱ小学生になるとパワーだけでは勝てません。
相手のベイの特性を掴み、いかに効果的な戦法を選択するかが重要のようです。
その点において私はまだまだ桜花クラス。兄貴レベルになるには更なる精進が
必要です。ふむぅ・・・・・奥が深いぜベイブレード!


そうそう、いまだに兄貴のベイが何なのかわかりません。教えてくれぇ兄貴ぃぃぃ!


次回はボトムを研究するの巻きです。(タブンw



スポンサーサイト
 
先週末さっそく仕入れて参りましたよ。ふふ。例のベイブレード。
事前にちょこちょこ勉強していたのですが、いざ購入するとなると
ちんぷんかんぷん。恥ずかしがらずに店員さんに教えを請いました。

店員 「初めてですかぁ。んじゃスターターですね。バランスタイプがいいかな。
    スタジアムは必要です?ベイポインターも購入します?」

・・・・・何言ってるんだこの店員。こっちは初心者だって言ってるだろ!
息子が不安げな目で私を見ています。うぅうぅ。嫌な店員にあたっちまった。
仕様が無いのでキッパリ言ってやりました。

拓王 「全部揃ってる初心者セットちょうだい。」
店員 「それなら これがいいですね。これならとりあえず全部揃ってますから」

ち・・・最初からそれ出せってんだ。

んで買ってきたのがこれ
ベイブレード BB-32 ハイブリッドウィール対戦セット

箱表紙
Image1_20100118184328.jpg

中身
Image3_20100118184328.jpg



今後のためにも用語説明しときます。(勉強中につき間違いの可能性大!)
ブースター:いわゆるベイゴマですな。独楽本体のことを差すみたいです。
ランチャー:独楽を廻す道具です。ベイゴマで言う紐です。
スターター:ブースターとランチャーがセットになっているタイプ。
スタジアム:この中で独楽を廻します。回転寿司の寿司桶みたいな奴です。
ベイポインター:調査中

これらが揃って初めてベイブレードが成立するみたいです。
最初はスターターとスタジアムさえあればOKみたいです。

私が購入した奴はこのブースターとランチャーが2つずつ入っているので
買ってきて直ぐに対戦が可能です。さっそく息子とバトルしました。

3・2・1 ゴーシュート!!!

ベイブレードで対戦する時はシュートする際にこう声を掛けます。
恥ずかしがっては駄目です。これが決まり。
ちなみに3・2・1は、さん・に・いちじゃありません。英語ですんでw

ブースターちゅう奴は5層構造になっていまして、これを組み合わせることにより
様々な特性を引き出すことが可能らしいのですが、まだまだ勉強不足。
今回仕入れたペガシスはアタックタイプで、ダークヴォルフはバランスタイプらしい。
うーん・・・よくわからん。気合をいれて研究することにします。


という事で、ベイブレード編その壱はこれにて終了。
次回は少し攻略してみようと思います。でわ!



 

03 | 2017/04 | 05

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。